遺跡の上に建つ、新アクロポリス博物館~Acropolis Museum【ギリシャ2019 #3】

2019年12月2日月曜日

ギリシャ旅行2019

t f B! P L
アクロポリスのパルテノン神殿を見た翌日、興奮冷めやらぬまま、そこで発掘された文化財を中心に展示している博物館、アクロポリス博物館に行きました。




モダンな建物の設計は建築はスイス人の建築家ベルナール・チュミのものです。

チュミは、デン・ハーグにある、オランダ最古のショッピングセンター「パサージュ」の新館を設計しています。

関連記事
オランダで一番古いショッピングセンター「パサージュ」に新館が誕生!




博物館へ続く階段を下りていくと、床の下に「ん?」とびっくりするものがありました。遺跡が広がっていたんです。この博物館は遺跡の上に建っているんです。

建物の下のこちらの古代遺跡にも、入館チケットで入ることができます。



博物館の中には、アクロポリスで発掘された遺物の数々が展示されています。



パルテノン神殿の歴史は破壊の歴史でもあります。

ペルシア戦争で破壊されたのち再建され、その後キリスト教に取り込まれるが15世紀にはモスクへと変えられたりもしています。さらに、オスマン帝国が火薬庫として使用していたためにヴェネツィア軍の攻撃によって爆発炎上。

このような歴史をもつパルテノン神殿の遺物は失われてしまったものも多くあります。



こちらには欠損したところをそのまま展示しているものと、残されたデッサンなどをもとにしたレプリカも並んでいたりします。



パルテノン神殿横に建つエレクティオン神殿「少女の玄関」の少女像。

近くから見てみると曲げている脚が左右違っていたり衣装やヘアスタイルもそれぞれ凝っていたりと、オシャレ好きな6人の少女がいるようです。複雑に編み込んだり、肩に流した緩やかに波打った髪がとてもすてき。でも、この豊かな髪の毛は装飾としてだけでなくて細い首を支える役割もあるんだそうです。




Acropolis Museum
15 Dionysiou Areopagitou Street
Athens 11742
自分の写真
ミイル。ブログ Miruu 管理人。オランダ芸術や街散策を中心に、美術だけでなく建築なども含めた芸術について広く紹介します。 Twitter: ミイル@miirublog

このブログを検索

Translate

QooQ